【遊戯王セブンス第42話の感想】宇宙シリーズ・爬虫類族の新カードが続々登場!

【遊戯王セブンス第42話の感想】宇宙シリーズ・爬虫類族の新カードが続々登場!

遊戯王セブンス第42話は、ドラゴン族デッキのルークと、爬虫類族デッキの本屋ブラウン(ほんやブラウン)の対決です。ルークのドラゴン族デッキは《連撃竜ドラギアス》をエースにしたデッキで、本屋ブラウンの爬虫類族デッキは《宇宙》を中心としたデッキです。

遊戯王セブンス第42話で活躍するカード

  • 【NEW】ナイトブリンガー・ドラゴン(効果モンスターカード)
  • 【NEW】ロケットータス・モジュラーケロン(効果モンスターカード)
  • 【NEW】観測亀スパイタートル(効果モンスターカード)
  • 【NEW】レッカメテオ(魔法カード)
  • 【NEW】グラビティ・プラス・ドラゴン(効果モンスターカード)
  • 【NEW】ドラゴンの呼応(魔法カード)
  • 《宇宙》(フィールド魔法カード)
  • 《リターン・オブ・ドラゴン》(魔法カード)
  • 《火竜の熱閃》(魔法カード)

先攻初手はルーク!新登場のドラゴン族『ナイトブリンガー・ドラゴン』を召喚!相手に直接ダメージを与える!

遊戯王セブンス第42話の感想

ルークは、2体のモンスターを通常召喚してリリース。《ナイトブリンガー・ドラゴン》をアドバンス召喚します。

【NEW】ナイトブリンガー・ドラゴン(効果モンスターカード)
レベル7/闇属性/ドラゴン族/効果/ATK2400/DEF1500
条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手は2枚ドローする。その後、相手に[相手の手札の枚数]x100ダメージを与える。

デッキの上から1枚カードを墓地へ送り、《ナイトブリンガー・ドラゴン》のモンスター効果を発動します。

遊戯王セブンス第42話の感想

本屋ブラウンは2枚ドローして、600のダメージを受けます。残りのLPは3400になりました。
ルークは、魔法・罠ゾーンにカードを2枚セットしてターンエンドです。

本屋ブラウンのターン!爬虫類族モンスターカードが新登場!フィールド魔法『宇宙』コンボがルークを窮地に!

遊戯王セブンス第42話の感想

本屋ブラウンは、2体のモンスターと通常召喚してリリース。新登場の《ロケットータス・モジュラーケロン》をアドバンス召喚します。

【NEW】ロケットータス・モジュラーケロン(効果モンスターカード)
レベル8/炎属性/爬虫類族/効果/ATK2500/DEF1600
【条件】自分フィールド上のこのカード以外の表側表示モンスター(爬虫類族)を2体まで墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターの数]×700アップする。

そして、フィールド魔法カード《宇宙》を発動します。

宇宙

《宇宙》

お互いにレベル4以下のモンスターは、攻撃力と守備力は300ダウンします。

続けて、新登場の《観測亀スパイタートル》の2体を通常召喚します。

【NEW】観測亀スパイタートル(効果モンスターカード)
レベル4/光属性/爬虫類族/効果/ATK800/DEF1300
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル3〜8)1体を選び、そのレベルをターン終了時まで2下げる。

デッキの一番上のカードを墓地へ送り、《観測亀スパイタートル》のモンスター効果を発動します。ルークのフィールドにいる、《ナイトブリンガー・ドラゴン》はレベルが2ダウンして5になりました。
さらにデッキの一番上のカードを墓地へ送り、もう1体の《観測亀スパイタートル》のモンスター効果を発動します。

遊戯王セブンス第42話の感想

《ナイトブリンガー・ドラゴン》は、さらにレベルがダウンして3になりました。
この瞬間、《宇宙》の効果によって《ナイトブリンガー・ドラゴン》の攻撃力は300ダウン。2100になりました。

遊戯王セブンス第42話の感想

そして本屋ブラウンは、手札から新登場の魔法カード《レッカメテオ》を発動します。

【NEW】レッカメテオ(魔法カード)
【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(爬虫類族)2体と相手フィールドの表側表示モンスター(レベル8以下)1体を選ぶ。この効果で選んだモンスターの攻撃力はターン終了時まで1500ダウンする。

本屋ブラウンのフィールドにいる《観測亀スパイタートル》2体は攻撃力0に、ルークのフィールドにいる《ナイトブリンガー・ドラゴン》の攻撃力は600にダウンしました。
本屋ブラウンは、フィールドにいる2体のモンスターを墓地へ送り、《ロケットータス・モジュラーケロン》のモンスター効果を発動します。《ロケットータス・モジュラーケロン》の攻撃力は3900にアップしました。

遊戯王セブンス第42話の感想

本屋ブラウンのバトルフェイズ!
《ロケットータス・モジュラーケロン》で、ルークの《ナイトブリンガー・ドラゴン》に攻撃して破壊します。ルークの残りLPは700になりました。
本屋ブラウンはターンエンドです。

ルークのターン!『グラビティ・プラス・ドラゴン』と『ドラゴンの呼応』が登場!一気に大逆転をして大勝利!

遊戯王セブンス第42話の感想
ルークは、墓地から3枚のドラゴン族モンスターカードをデッキに戻して、魔法カード《リターン・オブ・ドラゴン》を発動。1枚ドローします。

リターン・オブ・ドラゴン

《リターン・オブ・ドラゴン》

1体のモンスターを通常召喚してリリース。新登場のドラゴン族モンスターカード《グラビティ・プラス・ドラゴン》をアドバンス召喚します。

【NEW】グラビティ・プラス・ドラゴン(効果モンスターカード)
レベル6/地属性/ドラゴン族/効果/ATK1600/DEF1000
【条件】手札1枚を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで[自分フィールドの通常モンスター(ドラゴン族)の数]×400アップする。

続けて、2体の攻撃力1500のドラゴン族通常モンスターを通常召喚しますが、《宇宙》の効果によって攻撃力が1200にダウンします。

手札から1枚墓地へ送り、《グラビティ・プラス・ドラゴン》のモンスター効果を発動します。《グラビティ・プラス・ドラゴン》の攻撃力は2400にアップしました。

さらに、手札からフィールド魔法カード《山》を発動します。ルークのフィールドにいるドラゴン族モンスターは攻撃力が300アップして、《グラビティ・プラス・ドラゴン》の攻撃力は2600、2体のドラゴン族通常モンスターは攻撃力1400になりました。

遊戯王セブンス第42話の感想

そして、墓地から1体のレベル4以下のドラゴン族をデッキに戻して、新登場の魔法カード《ドラゴンの呼応》を発動します。

【NEW】ドラゴンの呼応(魔法カード)
【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(レベル4/ドラゴン族)がいる場合、墓地の通常モンスター(レベル4以下/ドラゴン族)1体をデッキに戻して発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。

ルークは1枚ドローして《火竜の熱閃》を発動します。

火竜の熱閃

《火竜の熱閃》

本屋ブラウンのフィールドにある《宇宙》を破壊して、ルークのフィールドにいるレベル4のドラゴン族通常モンスターの攻撃力は、1700にアップしました。

遊戯王セブンス第42話の感想

ルークのバトルフェイズ!
《グラビティ・プラス・ドラゴン》で、《ロケットータス・モジュラーケロン》を攻撃して破壊します。続けて、攻撃力1700のモンスター2体でダイレクトアタック!本屋ブラウンは合計3500のダメージを受けてLPは0になり、ルークの勝利が決定しました。

【遊戯王セブンス第42話のまとめ】ついに相手モンスターのレベルをコントロールするカードが登場!

遊戯王セブンス第42話の感想

現在の爬虫類族は、《古の守り亀》のみですが、遊戯王セブンス第42話で多くの爬虫類族のカードが新登場しました。

大森麺三郎・ヌードル宇宙子・フィンガー地下子といった《宇宙》をコンセプトにした炎族のカードが多く登場しています。
初登場した《観測亀スパイタートル》は、相手モンスターのレベルがコントロールできるため、扱いが難しかったフィールド魔法カード《宇宙》との相性がとても良いです。次々と強化されていってる宇宙をコンセプトにした炎族は、今後の発展に注目が集まります。

ドラゴン族は攻撃力1500のレベル4通常モンスターが続々と登場しており、ドラゴン族の強化も目立ちがありました。ドラゴン族は強力なカードがたくさんありますが、さらに強いデッキ構築できることになるでしょう。

アニメは定期的にYouTubeにて配信されているので、気になる方は「テレビ東京公式 あにてれちゃんねる」をチェックしてみましょう。

アニメ『遊☆戯☆王SEVENS』はコチラ