【GC決勝優勝】サンメロオーダーデッキ

ギャラクシーカップ
デッキレシピギャラクシーカップ

日本一のラッシュデュエリストを決定する遊戯王ラッシュデュエル日本大会「ギャラクシーカップ」に出場した好成績のデッキをご紹介します。

  • CAN:D
  • CAN:D
  • CAN:D
  • ギャラクティカ・オブリビオン
  • 火麺上忍ダイアップ
  • ハンディーレディ
  • 火雷神サンダーボールド
  • 火雷神サンダーボールド
  • 火雷神サンダーボールド
  • CAN-Melo:D
  • CAN-Melo:D
  • 連撃竜ドラギアス
  • ビックリード・ドラゴン
  • 邪影ダーク・ルーカー
  • センサー・ダックビル
  • センサー・ダックビル
  • センサー・ダックビル
  • アメイジング・ディーラー
  • アメイジング・ディーラー
  • アメイジング・ディーラー
  • ロマンス・ピック
  • ロマンス・ピック
  • ロマンス・ピック
  • プログレス・ポッター
  • プログレス・ポッター
  • プログレス・ポッター
  • ギャラクティカ・ジャメイヴュ
  • ギャラクティカ・ジャメイヴュ
  • ギャラクティカ・ジャメイヴュ
  • 七宝船
  • 七宝船
  • 七宝船
  • 潜入開始
  • 潜入開始
  • 潜入開始
  • JAM:Pセット!
  • JAM:Pセット!
  • 魔法石の採掘
  • 激鱗解放
  • 激鱗解放
  • 貪欲な壺
  • 連撃竜ドラギアス
  • ビックリード・ドラゴン
  • 邪影ダーク・ルーカー
  • JAM:Pセット!
  • バックビート
  • エクスキューティー・アップ!
  • エクスキューティー・アップ!
  • ゴースト・サイクロン
  • ゴースト・サイクロン
  • ゴースト・サイクロン
  • 聖塔の危機
  • 酢酸のたまった落とし穴
  • 酢酸のたまった落とし穴
  • 酢酸のたまった落とし穴
  • 激流葬
メインデッキ 枚数
CAN:D3
ギャラクティカ・オブリビオン1
火麺上忍ダイアップ1
ハンディーレディ1
火雷神サンダーボールド3
CAN-Melo:D2
連撃竜ドラギアス1
ビックリード・ドラゴン1
邪影ダーク・ルーカー1
センサー・ダックビル3
アメイジング・ディーラー3
ロマンス・ピック3
プログレス・ポッター3
ギャラクティカ・ジャメイヴュ3
七宝船3
潜入開始3
JAM:Pセット!2
魔法石の採掘1
激鱗解放2
貪欲な壺1
6枚 23枚 12枚 41枚
サイドデッキ 枚数
連撃竜ドラギアス1
ビックリード・ドラゴン1
邪影ダーク・ルーカー1
JAM:Pセット!1
バックビート1
エクスキューティー・アップ!2
ゴースト・サイクロン3
聖塔の危機1
酢酸のたまった落とし穴3
激流葬1
3枚 7枚 5枚 15枚

【ギャラクシーカップ決勝トーナメント優勝】サンメロオーダーデッキのご紹介

会場 ギャラクシーカップ決勝トーナメント
部門 一般の部
神奈川エリア代表 ホシノ ヒカルさん
デッキタイプ サンメロデッキ
日付 2022年8月21日(日)
デッキレシピ解説 【ギャラクシーカップ】サンメロ構築解説

ホシノ ヒカルさんのコメント

優勝おめでとうございます! 今のお気持ちをお聞かせ下さい。

初代優勝者ということで凄く名誉だと思っております。自分の力だけではなく、応援してくれた方々、練習に付き合ってくれた方々のおかげで勝てたなと思っています。

このデッキを選んだ理由や、選ぶ決め手となったカードなどがありましたらお教えいただけますか。

  • 火雷神サンダーボールド
  • CAN-Melo:D
  • 潜入開始

サンメロデッキは、《火雷神サンダーボールド》《CAN-Melo:D》のコンボといったこのデッキでしかできない動きが一番の強みになるので選択してよかったなと思っています。劣勢の盤面でもあのコンボが決まれば《潜入開始》も含めて1ターンで相手のライフポイントを削り切れるというところがあるので、逆転の能力としては一番だと思っています。そして、いろんなデッキに対して有効に闘えるという点も選ぶ理由になりました。

「今回の大会で一番活躍したな」という印象に残っているカードや、サイドデッキでどのようなデッキへの対策を重視して構築したかお教えいただけますか。

  • 邪影ダーク・ルーカー
  • ゴースト・サイクロン
  • ギャラクティカ・ジャメイヴュ

予想していた通り、予選・決勝ともにマッチ(3戦2本先取の対戦形式)を見据えた罠型のデッキが流行ってきていたので《邪影ダーク・ルーカー》《ゴースト・サイクロン》を採用して罠カード対策をしました。特に《邪影ダーク・ルーカー》はセットカードを破壊しながらダメージ与えられるので今回の大会で非常に活躍してくれました。《邪影ダーク・ルーカー》《ギャラクティカ・ジャメイヴュ》《ゴースト・サイクロン》の3枚セットが本当に強くて、《邪影ダーク・ルーカー》は手札に上級が戻ってくるという使いづらい一面もありますが、手札が増えるという点で柔軟な使いかたができるカードだと思います。

  • ビックリード・ドラゴン

マキシマム召喚デッキフュージョン召喚デッキは、マッチ戦をやるにあたって突破されたあとの返しがないデッキである事や必要なカードが揃う確率などを考慮した結果、対策カードをあまり入れていません。メインとサイドデッキに《ビックリード・ドラゴン》が1枚ずつ入っているので最悪この2枚あれば突破はできるかな、と考えていました。

今回入れているレジェンドカードを選んだ理由を教えてください。

  • 貪欲な壺
  • 激流葬

サンメロデッキでは一般的には《天使の施し》が採用されているのですが、長期的な試合展開を想定して《プログレス・ポッター》で2枚ドローできる《貪欲な壺》を選びました。このデッキは《激鱗解放》《ロマンス・ピック》なども使っているので1枚しかないレジェンドカードが墓地に落ちやすいんです。発動するよりも墓地に落ちる可能性が高いので、墓地に行っても使える点でも《貪欲な壺》を採用するメリットはありますね。そしてサイドデッキの構築で最後まで悩んだんですが、やっぱり入れてないとだめだなと《激流葬》を選びました。同じデッキ同士での対戦ではどうしても後攻が不利なので、逆転するにはサイドの《激流葬》が必要になってくるかと思います。

最後に、ホシノさんが『ラッシュデュエル』をプレイしていて「ここが面白い・気持ちいい」と感じる所がありましたらお教えいただけますでしょうか。

『ラッシュデュエル』は『OCG』と違ってスピード感があるゲームですね。「何回も召喚できる」というのと「5枚までドローできる」という点が凄くスピード感があって面白いと感じます。

ギャラクシーカップのデッキレシピをもっと見る

オススメのデッキレシピ

ラッシュデュエルデッキレシピ募集中!

RUSHDUEL.NETにあなたのデッキレシピを掲載することができます。みなさまのご応募お待ちしております!

デッキレシピの掲載する
トップへ