アカツキ変態流ヘヴィ竜魔デッキ

アカツキ
デッキレシピクリエイターアカツキ

レジェンドデュエリスト変態デッキビルダー。マンゾクテクニカルリーグ戦第2期総合2位。第3期総合1位 ガチ杯出場。ラッシュキングダム決勝進出。闇のラッシュデュエルアンバサダー。

デッキレシピのカード一覧

  • ライト・ソーサラー
  • ライト・ソーサラー
  • 輝岩竜
  • 輝岩竜
  • クリボット
  • クリボット
  • クリボット
  • ささやきの妖精
  • ささやきの妖精
  • ささやきの妖精
  • セブンスロード・メイジ
  • セブンスロード・メイジ
  • セブンスロード・メイジ
  • フェニックス・ドラゴン
  • フェニックス・ドラゴン
  • ミスティック・ディーラー
  • ミスティック・ディーラー
  • ミスティック・ディーラー
  • 宮殿のガーゴイル
  • 宮殿のガーゴイル
  • 宮殿のガーゴイル
  • セブンスロード・ウィッチ
  • セブンスロード・ウィッチ
  • セブンスロード・マジシャン
  • セブンスロード・マジシャン
  • セブンスロード・マジシャン
  • 邪影ダーク・ルーカー
  • 連撃竜ドラギアス
  • ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル
  • ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル
  • ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル
  • マジカル・ストリーム
  • マジカル・ストリーム
  • マジカル・ストリーム
  • 右手に盾を左手に剣を
  • 火竜の熱閃
  • 火竜の熱閃
  • ダーク・リベレイション
  • ダーク・リベレイション
  • 激唱デモンズロック
カード名 枚数
ライト・ソーサラー 2
輝岩竜 2
クリボット 3
ささやきの妖精 3
セブンスロード・メイジ 3
フェニックス・ドラゴン 2
ミスティック・ディーラー 3
宮殿のガーゴイル 3
セブンスロード・ウィッチ 2
セブンスロード・マジシャン 3
邪影ダーク・ルーカー 1
連撃竜ドラギアス 1
ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル 3
マジカル・ストリーム 3
右手に盾を左手に剣を 1
火竜の熱閃 2
ダーク・リベレイション 2
激唱デモンズロック 1
4枚 27枚 6枚 3枚 40

アカツキ変態流ヘヴィ竜魔デッキの使い方

ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル セブンスロード・マジシャン 連撃竜ドラギアス

僕の構築時の考え方として、相手が自分のデッキと対面した際、どう考えるか、どう動くか、相手の心理を考えて構築をしています。
今までは、「地縛霊の誘い」や「カウンター・シールド」など、予期せぬトラップなどを入れたり、バック破壊魔法不採用等にすることで、相手の不意を突き計算を狂わせることを考えて組んでいたのですが、構築がバレていくにつれて、厳しい試合となることがありました。
今回は、考え方を変え、「相手に構築、カードを見せることにより、相手の行動を制限する」トラップカードでの牽制ではなく、構築、プレイングで、相手を牽制することを考えて構築しました。

基本的なヘヴィ竜魔の構築は、何といってもピン刺しの激唱デモンズロック!

激唱デモンズロック

この「激唱デモンズロック」は、「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」を手札1残しで残すことが、多いと思います。
そうすると次のドローで「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」、「宮殿のガーゴイル」、「クリボット」のうちどれか1枚引けば発動条件は満たせるので、打つタイミングを作ることは十分可能です。
また、その際手札を使い切り攻めるのか、事故を装い、手札に悪魔2枚残すのかどちらかを選ぶ選択肢を増やせます。
ほとんど初見の相手は、警戒されず打つことができます。

ただ、このデッキの強みは、「相手は構築、カードを見せることにより、相手の行動を制限する」です。
この「激唱デモンズロック」は、相手のバック破壊で破壊されたり、デッキトップ墓地で見えてもオッケーです。「激唱デモンズロック」があると相手に警戒させた時点で、こちらの術中というわけですね。
仮にこちらが事故で手札2枚残しだとしても、2戦目以降相手は「激唱デモンズロック」を警戒せざるを得ません。
同じく「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」は、あるとわかると最上級を1枚だけ残す盤面は作りづらくなります。

邪影ダーク・ルーカー

そして、「邪影ダーク・ルーカー」。このデッキはバック破壊も5枚入っているので、「邪影ダーク・ルーカー」頼りというわけではありません。「邪影ダーク・ルーカー」を見せることで、ライフが3000以下の場合に不用意にバックを伏せれなくなったり、「邪影ダーク・ルーカー」に見せかけて、「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」や「セブンスロード・マジシャン」をセット。「邪影ダーク・ルーカー」警戒で殴らずや、トルネで起こすなんてことも。

セブンスロード・ウィッチセブンスロード・マジシャンセブンスロード・メイジ

基本的に超攻撃型速攻デッキなので、マキシマムデッキにも揃う前に倒しきることで、対応可能です。
万が一、出された時のために、「セブンスロード・ウィッチ」・「セブンスロード・マジシャン」・「セブンスロード・メイジ」を多く採用しています。

後は、全環境では「魔将ヤメルーラ」が流行っていたので、「セブンスロード・ウィッチ」・「セブンスロード・マジシャン」のコンボや次ターンでの「ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル」返しなど、「魔将ヤメルーラ」を狩ることは意識してます。
魔将ヤメルーラ」流行らせたのは、僕も一枚は噛んでいますが。
流行を作って自分はそそくさ方向転換。これもアカツキ変態流です!

【デッキクリエイター】アカツキさんからのメッセージ

このデッキは、アカツキ変態構築ですが、ほぼヘヴィ竜魔なので扱いやすいところもポイントです。
構築の考え方、プレイングの考え方、もし少しでも面白いと思った方は、是非1月ガチ杯アカツキを推薦してください!

アカツキのデッキレシピをもっと見る
ラッシュデュエルデッキレシピ募集中!

RUSHDUEL.NETにあなたのデッキレシピを掲載することができます。みなさまのご応募お待ちしております!

デッキレシピの掲載する